不動産投資について学ぼう

”不動産投資”と聞くと、「資産家のやることだ」とか、「マイホームすら買ってないのに、無理に決まってる」と決めつけていませんか?

不動産投資について学んでいくと、実は思っていたよりも難しいものではなく、身近な投資方法であることに気づきます。

「住宅」というのは本来私たちにとって欠かせない「衣・食・住」のひとつであって、毎日接しているものなのです。

「サラリーマン大家」なんていう言葉もあるくらいですから、決して資産家だけが行うものではないのです。

このブログをきっかけに、もっと気軽な気持ちで不動産投資と向き合ってほしいと思います。

では、なぜみんなやらないのでしょうか?

  • 「どうせローンが通らない」と思っている
  • 「投資」と聞いて身構えている
  • 空室になってしまった時や、地震、火災など、リスクが高いと考えている
  • まだ自分には早い。頭金を貯めて、将来的にいつかできればいい
  • 不動産のコネもないし、情報収集できないから無理

理由はこのような感じでしょうか・・・

多少の向き不向きというのはありますが、不動産投資は他の投資に比べると、実は向いている方が多いと思います。

簡単に取り組めるものではないので、誰しも慎重に投資を行うことになりますし、デイトレなどもできないのでギャンブル的な要素が少ないからです。

ローン審査で年収よりも大切なこと

estate-152518_1280.png

サラリーマンこそ、不動産を購入する際のローンは組みやすいと言われています。

ローンを組むにあたり、金融機関が重視しているポイントは、年収の高さよりも、毎月決まった金額を払い続ける支払い能力があるかということ。

究極を言えば、支払い続けてくれさえすれば勤め先がどんな会社でも、その人の年収が低くても良いのです。もちろん、会社が倒産しては困りますから、企業の安定度というのも審査の対象にはなります。

しかし、支払うのは本人です。毎月一定のお給料をもらっているということは非常に有利なのです。

ですから、もしあなたが会社勤めをしていて、安定した収入を得ているのなら、ローンを組める可能性は高まります。

ローンを組めるなら、不動産は購入した方がお得です。中古の良い物件を手に入れることができれば、不動産投資は非常に有利ですから、検討する価値はあると思います。

どこから情報を得ればいいのか?

では、不動産投資を個人で行っている不動産投資家の方々は、日頃どのようにして優良物件の情報をゲットしているのでしょうか?

「きっと不動産会社と太いパイプでつながっているんだろう」と思われがちですが、決してそんなことはありません。最初はどんなことをするのも、みんな素人。一からのスタートなのです。

投資を始めていくうちに、徐々に知識がついてきて、良い物件を見極める能力もついてきます。
不動産は1つ購入するのも大変なことですから、「試しに買ってみる」ということはできませんよね?

たとえ購入まで踏み切らなくても、物件情報を日頃からチェックしたり、相場を知っておく、どんな地域が人気でどんな物件が優れているのか?など、学べることはたくさんあるはずです。

昔は、実店舗での不動産屋さんとの深い関わりというものが欠かせませんでしたが、今はインターネットからでも情報を仕入れることができます。

まずはネットで物件情報を検索して、良いと思ったら問い合わせてみる、という行動をしている方も多いです。そしてだんだんと不動産会社から有益な情報を流してもらえるようになる、ということなんですね。

まずは疑わずに、興味を持ってみることが初めの一歩!
このブログでも取り上げていきますので、不動産投資について積極的に勉強していくことをおすすめします!
広告

あなたは投資に向いている?

前回、投資にチャレンジすることの大切さをお話しました。

今日は、個人投資家として投資を行っていく際に、どんな方が向いているのか?というところに焦点を当ててみたいと思います。
あなたは投資に向いている性格なのか?判断してみてください!

努力家な人

投資は高いリターンを期待できるものも多く、非常に魅力的ではありますが、何も勉強せずに、楽して大金を得るということはできません。

それができればギャンブルになってしまいますよね?でも、投資はギャンブルではありません。そこだけはしっかりと線引きしていただきたい点です。

ツールを使って効果的に利益を得るなど、戦術として有利になる手法や利益の出し方というのはあります。

しかし、最初はやはりその投資法のしくみ自体を勉強する必要があります。その際に、真面目に情報を仕入れたりセミナーや書籍などで積極的に学ぼうとする姿勢がある方は、リターンを得るのも早くなりますし、投資家向きだと言えます。

「自分はそういう性格じゃない」という方でも、お金の運用に興味を持てれば自然と学べることばかりですので大丈夫です!
children-567567_1280.jpg

借金を抱えたことがある

これは少し極端ではありますが、お金の大切さを身にしみて分かっている方というのは、博打に出ずに慎重になれるということです。

ただし、ギャンブルのしすぎで借金を抱えてしまったという方は要注意です!お金の運用についてしっかり学びながら、じっくり投資を行っていきましょう!

投資をついついギャンブルとして捉えてしまうという方もいますが、そんな方には不動産投資などの、収益性の高い実物資産で運用していくのがおすすめです。不動産は株やFXのデイトレードのように、頻繁に売買することが不可能だからです。

おたくっぽい性格の人

一般的に、凝り性の方は投資家向きです。一つのことに打ち込んだり、何かに没頭したり一途になれる方です。

そういう方は、周りのものに目が行かないので、一つのことに集中します。そういう性格の人は、一つの投資に対して情報収集したり、売り時、買い時を見極めて慎重に取引することができる傾向があります。

あまりたくさんのものに気がいってしまうと、経験や知識も分散してしまうので失敗しがち。
投資を行う上で、さまざまな投資法に分けてリスクを分散させる、「分散投資」は有効だと言われますが、いろいろなものに手をだすことと、分散投資は意味合いが違うので、誤解しないようにしてください。

行動力・決断力のある人

投資において、利益の出ている時も損失が出ている時も、決済をする瞬間というのがあります。投資は1人で行うものなので、優柔不断に迷っていては売り時を逃してしまう可能性も。

「ここで利益を確定させよう」とか「これ以上損失を出さないために売ってしまおう」とか、その時々で決断するのは意外と難しいもの。そんな時に、「今だ!」と決断できる人は失敗が少ないのです。

慎重に考えることももちろん大切なのですが、それだけではリターンは期待できませんし、行動しなければ何も始まらないのです。時には余裕資金を大きく動かすことも必要なのです。

それができない方は、ツールを使ってただひたすらトレードを繰り返すという方法もありますね!

いずれにしても、やる気しだいでカバーできることではあるので、興味を持つということが大切です。

お金の運用に関しては、知っておいて損することはありません。私たちが一生付き合っていく「お金」というものに、無到着であるよりも興味を持ってコントロールできる方が、この先の人生得をしますよね?

そんな気持ちで、「まずは学んでみよう」とチャレンジしてみることからすべては始まります!
少しずつで良いので、お金や投資というものについて学んでいきましょう。

投資にチャレンジしてみましょう!

前回、お金のことについて触れました。

 

ここであなたに質問したいのですが、あなたは今までの人生で、投資を行ったことがありますか

 

株式やFX、債券、投資信託、不動産・・・一口に投資と言ってもさまざまな方法があります。銀行にお金を預ける「預金」しかしたことがない、という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

もともと、日本人は昔から貯蓄好きな民族だと言われていますよね。若いうちから計画的に貯金をして、結婚資金や子どもの将来のために教育資金を貯めておく。

 

さらに、いざという時のために手厚い保障のある医療保険や生命保険にも加入して、それでも安心できずに、年金を払いながら老後のために貯金もして備える・・・といった具合に。

 

これでは貯金をするために働いているような気がしてきませんか?老後に働けなくなった時のために、若いうちから消費を抑えて貯蓄を優先するのは、個人的にはとてももったいないことのように思います。

 

このブログを読んでいただいて、せっかく成功するためのステップをここまで踏んできたのに、お金のことに関しては無頓着で良いのでしょうか?

 

ここからは少し視点を変えていきますので、ほんの少しでもいいので投資に関して興味を持ってみてください!
決して怖いものではないことがお分かりいただけることと思います。

 

お金は増やして守る

 wallet-669458_1280

 

働いてお給料を得ているのであれば、働けなくなった時のために蓄えを用意しておくことは大切です。
病気やケガで入院して、「来月から突然お給料が振り込まれないことになっってしまった!」なんて事態にならないとはかぎりませんよね。

 

しかし、銀行にせっせと預金だけしていても、残念ながらお金は増えてくれません。
ご存知のように、今の日本の低い金利では、普通預金に預けていても利息はほとんどつきません。定期預金にしてもたかが知れています。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

あなたがもしも、100万円を手元に置いていたとして(タンス預金)、この先日本が2%のインフレになったら、その100万円はどうなるでしょうか?使っていないから100万円の価値のままでしょうか?

 

あなたのそのお金は、100万円の価値ではなくなります。98万円に目減りしてしまうのです。
理由は、物の価値が上がるからですね。このように、自分が持っているお金の額面を目減りさせないために行うのが投資です。

 

日本では「働かざるもの食うべからず」、汗水垂らして働いて得たお金以外は汚いもの。「投資は悪だ」と考えられている風潮があります。

 

ずっとずっと昔から、現代までその考えは変わっていないように思います。
働いて稼ぐお金が大切だという美学は、もちろん分かります。仕事をして得るものは本当に大きいですよね。

 

しかし、投資は本当に悪なのでしょうか?

 

アメリカでは小学生のうちから、学校で投資を学びます。日本では考えられないことですよね?

 

日本では、お金について教えてもらえる機会は、大人になるまでありません。いいえ、大人になってからも、本人が興味を持たなければ誰も教えてくれません。

 

若いうちから貯蓄だけして溜め込んで、おじいさんおばあさんになって働けなくなった時のために蓄えておくのです。

 

今、ここで断言します!

 

正しいやり方をすれば、投資は悪でも、汚いものでもありません。自分の資産を守るためには、貯蓄だけでなく投資も行う必要があります。

 

怖いとか、嫌だとか言っている場合ではありません。
若いうちから始めた方が断然得ですし、失敗しても取り返せるのです。日本人の大好きな保険と同じですね!

 

次回以降、さらに投資について掘り下げていきたいと思います。
成功のためには、お金について知っておく方が有利であるということを学びましょう!

お金持ちになってどうするのか?

人間なら誰しも、「お金持ちになりたい」「経済的自由を手に入れたい!」という願望はあるものです。

自由に使えるお金が多ければ多いほど、それだけ充実した人生を送ることができますし、美味しいものを食べたり好きな物を買ったり・・・想像しただけで楽しい毎日ですよね!

でも、その先はどうするのでしょうか?あなたには、その先のビジョンがありますか?
もしないというのなら、この先成功をつかんだ時のために、考えておく必要があるかもしれません。

ここまで、成功するための思考そのもの、いわば内面的なテーマについてスポットを当ててきました。

ここからは、もう少し表面的なこと。実際の生活を想定して、話をふくらませていきます。その中で、よりビジョンを明確にして、行動力や知識を身につけていきましょう!

先のことを想定しておくことは大切です。そうすれば、成功してあなたの周りの環境が変わっても、慌てることがありません。

成功者は危機管理能力が非常に高い特徴があります。その実践法だと思って、取り組んでみてください。

以前お伝えした、インプットだけでなくアウトプットが大切だというお話に少し似ています。インプットするだけでなく、実践していこうということですね!

それでは、今回はあなたが成功した後のことについて、一緒に考えてみましょう。

お金持ちの生活はすぐに飽きる!?

coins-431537_1280

成功を夢見ていた人が夢を叶えて、経済的に豊かになった瞬間、どんな風に変わるのでしょうか?

考えただけでワクワクしますね!身も心も満たされて、バラ色の毎日を過ごせるかもしれません。

しかし経済的に満たされた楽しい生活というものは、残念なことに数ヶ月もすれば飽きてしまうのです。

欲しいものをひと通り買ってしまえば、他に欲しいものがだんだんなくなってきます。お金は手にしたのに欲しいものがないなんて、なんだか虚しいですよね・・・

どんなに美味しいものを食べても、その味に感動しなくなってしまったり、心の底から食べたいと思うものがなくなってくる、何を食べたいのかさえ思いつかなくなるというのです。

もはや、お金だけを持て余して、何に使ったら良いのかわからない状態です。
一般的に見れば、とてもぜいたくなことのように思えますが、これは経済的自由を手に入れた者だけが味わう悩みなのかもしれませんね。

しかし安心してください。これは無計画にお金を手にしてしまった時の話。

大切なのは、お金持ちになった後なのです。

なんのためにお金が必要で、その稼いだお金をどういう風に使っていきたいのか?そのビジョンがなければ、お金があっても虚しい生活を送ることになってしまうかもしれません。

もしかすると、お金はなくてもがむしゃらに頑張っていた、「駆け出しの頃の方が毎日充実していて楽しかった」なんて思い返してしまうかもしれませんよね。

そんな風にならないように、経済的な自由を手に入れた後のことも計画するようにしましょう。少しずつ実現していけば良いのです。

あなたも、お金持ちになることをゴールとせずに、どうかその先の展望を見据えてください
夢はより大きく!目標は高く掲げた方が、やりがいも達成感も感じられますよ!

お金持ちになった後にどうするのか?ぜひこの機会に、ノートに書き出してみてください。

意外と言葉に詰まって、スラスラ書けないかもしれません。それは、あなたがそれだけお金持ちになることを目標にしていたからかも

それなら、今日から路線変更すれば良いのです!

この先はぜひ、具体的な夢を描いて、願望を叶える準備を着々と行っていきましょう!

忍耐力を身につける4つのステップ

今日は、STEP12でお話した、「忍耐力」につながる内容です。

「忍耐力をつける」と一口に言っても、やはり「言うは易し行うは難し」ですよね。具体的にどうすればいいのか、悩んでしまいます。

何よりも難しいことではありますが、忍耐力はあなたの潜在能力を開花させるための、唯一のトリガーです。

すなわち、忍耐力が不足していては、あなたのパフォーマンスは最大限に発揮できることはありません。とてももったいない状態です。

しかし、この忍耐力というものは才能ではなく、努力が100%を占めています。

生まれつき忍耐力がある人はいないと、ここで断言できます!
そう見える人も、その人が日々の生活の中で繰り返し行う行動や言動、考え方が表面に表れてきただけです。ですから、忍耐力はこれからでも養うことができるのです。

ここで勘違いしないでいただきたいのは、ただただ辛いことを我慢して続けることが「忍耐力」ではありません。

成功するため、夢を叶えるために、目標を持って邁進すること。そのために必要なものだと思ってください。順に見て、理解を深めていきましょう。

【忍耐力を身につける4つのステップ】

1. 燃えるような熱意に支えられた明確な願望や目標を持つこと。
2. 明確な計画を立て、それを着実に実行していくこと。
3. 親戚、友人、周囲の人たちの否定的な、あるいは意気消沈させるような意見をきっぱり拒絶すること。
4. 目標と計画に賛同し、激励してくれるような人を1人、あるいはそれ以上の人を友人にすること(マスターマインド)。

この4つのステップによって、以下のようなことが実現できます。

◆ あなたの運命は切り開かれる。
◆ あなたは今まで背負ってきた、成功者としてふさわしくない固定観念を打ち破ることができる。
◆ あなたは金持ちになれる。
◆ あなたは力と名誉を得、世界的に認められる人間になる。
◆ あなたは夢を現実にすることができる。
◆ あなたは幸運と結婚でき、そして次々と新たな幸運を生み出すことができる。
◆ あなたは夢を現実にすることができる。
◆ あなたは恐れや失敗や無関心を克服することができる。

4つのステップを学び実行するあなたには・・・

◆ 必ず素晴らしい報酬が与えられる。その報酬とは、自分の価値や行き先を自分で決める特権であり、自分の人生を思うとおりにつくり上げていくことのできる特権である。

【引用:思考は現実化する〈上〉 – ナポレオン・ヒル】

豊臣秀吉に学ぶモチベーションの真髄

あなたは、モチベーションを高く保ち続けることができる人ですか?

なかなか、集中して保ち続けられるという人はいないと思いますが、今日はこのモチベーションについてのお話です。

モチベーションを生み出す魔法のアイデア

豊臣秀吉といえば、「織田信長の草履を懐で温める」という逸話が有名ですよね。

人によっては、「信長にゴマをすって出世した」というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実はこれこそが、「プラスアルファの魔法」の神髄なわけです。

信長に仕えた秀吉はまず馬飼いを命じられ、来る日も来る日も暇さえあれば馬の体をなで続けました。そのお陰で馬の体はいつでも毛艶がピカピカに綺麗で、それが信長の目にとまり次に草履取りを命じられます。

そこで秀吉は、寒い季節に草履を履いてもヒンヤリしないように草履を懐に入れ暖め、信長に差し出し、実に細やかな心遣いができる人物として認められてさらに出世します。

そして台所奉行になれば、節約に励み、燃料であった薪の費用を今までの3分の1にまで減らしたなど、秀吉は出世して行く過程で次々とアイデアを絞り、信長に認められて行くわけです。

一言で秀吉は、言われたこと以上のことを当たり前にやってのけたということですよね。

もし秀吉が馬飼いの時点で、サボることなく言われたことだけをきっちりとやっていたとしたら、馬飼いに適任の真面目な人物だとして評価はされるかもしれませんが、それ以上の出世はなかったことでしょう。

言われたことプラスαの仕事(毛並みをピカピカに整えること)をしたからこそ、その仕事ぶりと人格そのものを認められチャンスを与えられたんですね。

そして秀吉は、そこでもまたチャンスをものにして「プラスアルファの魔法」を活用した。そしてまたまた出世し、遂には天下統一まで成し遂げてしまいます。

こんなに分かりやすい実例はありません。

モチベージョンは認められることから生まれますが、実はそれ以前に、それを意識せず本心で相手を思いやることから、モチベーションは生まれるのです。

「相手の立場に立って考える」ということが大切なんですね。

いつ、いかなるときも報酬以上のことをせよ!行動計画を立て、積極的に行動し、報酬以上のことをする習慣を身につければ、あなたは、どこの誰よりもその利益とモチベーションを得ることができる。

【引用:思考現実化する〈上〉 – ナポレオン・ヒル】

セールス力をつける

あなたに協力してくれる仲間=マスターマインドの招集は滞りなく進行していますか?

なかなか難しいと感じている方もいらっしゃると思いますが、あなた自身の意思に嘘偽りなく熱意があれば、賛同してくれる仲間は必ず見つかります。

あなたはセールスし続けている

以前の記事にも記述しましたが、人は自分の好きなことを貫いている人を応援したくなるものです。

すなわち、あなたが叶えたい夢(=願望)が、ホンモノであれば、それでいいということ。応援してくれる人は、自然と集まってくるでしょう。

諦めずに、未来の大切な仲間にアピール(セッション)し続けてください。夢をあきらめなければ良いのです。

「自分は話下手だから・・・」「営業(セールス)力もないし・・・」なんて考えてしまっていませんか?そんなことはどうでもいいんです。熱意があれば、思いは伝わります。

あなたは無意識にも、日常の中でセールスを繰り返し行い、成功しています。

すでに社会人の方は、今の会社に入社する際に、採用試験で自分の労働力の価値を、面接官に売り込むセールスをしてきているのです。

セールスをする相手は、商品を買ってくれる顧客だけではありません。あなたの雇い主や部下、そして家族や恋人も、あなたのセールス対象者です。

なにも売り物は、商品やサービスだけではないのです。もっと身近にあるものに目を向けてみましょう。
セールス力のある人は、あらゆる場面で得をします。そしてこの能力は、努力しだいで伸ばして行くこともできるのです。

計画作りとその実践に必要な人材を集めたグループをマスターマインドという。あなたはこのマスターマインドにより、驚くほど短期間にリーダーになることもできるし巨富を築くこともできる。

【引用:思考現実化する〈上〉 – ナポレオン・ヒル】

脱落者にならないために

新しい世界へ踏み出す最初の一歩は、勇気が必要だったこととと思います。でも、やろうと動き出したあなたを私は尊敬します。

今日までのミッションを一つずつクリアしてこられた方は、小さな勇気を振り絞ることを繰り返し行ってきましたよね。そして少しずつ決断してきました。

その小さな勇気と決断が、あなたの人生を後々大きく変えることになります。
結局のところ、チャンスをものにできる人とそうでない人の決定的な違いは、この最初の一歩なのです。

失敗を恐れ、最初の一歩を踏み出すことをためらって、何もせずに終わるか。はたまた、勇気と決断力を持って、成功に挑むか。

脱落しないためには忍耐力が必要

ここからはハイレベルな勝負。忍耐力がものを言います。
今後、どんどん脱落者が出てくるかもしれません。これは仕方のないこと。その人自身の問題だからです。

これまでの過程で、意志の力が不足していた人から次々に脱落していきます。今一度、自分自身と向き合い、以前お話しした深層自己説得を実践できていないのであれば、今日からはじめてください。
『継続は力なり』

心(意志)と体(行動)のレベルを一致させることが、あなたを幸せな成功者にするための最も自然で簡単な方法です。あなたは一人じゃありません。私や、周りの協力者がいることを忘れないでください。一緒に頑張りましょう!

忍耐力は前進するための原動力である。あなたがゴールから遠ざけている弱さを取り除こう。継続した力こそがあなたの目標や願望を実現するカギとなる。

【引用:思考現実化する〈上〉 – ナポレオン・ヒル】

成功している人は決断も早い

そろそろ願望実現への計画は定まってきた頃でしょうか?

計画が定まったら、次は決行です。もしかしたら足がすくむような気持ちになるのかもしれませんが、もう後戻りはできません。

いよいよ決断のときです!ここまで来たら、ある程度は勢いに任せてしまいましょう!

成功者には決断力がある!

目の前のミッション(小さな目標)を一つ一つクリアしていけば、あなたの自己実現に必ず繋がります。

以前の記事で、大きな夢を細分化して紙に書きましたが、短期目標を継続的に持ち続ければ、長期目標になる、ということです。

小さな目標の中にも、必ず決断が迫られることがあるはず。人には誰しも、毎日毎日決断する場面があります。

その場面でどれだけ素早く、的確に、最善の選択ができるかで、後々の差は計り知れなく大きく変わってくるのです。

ランチのメニューを選ぶ時でも、朝着ていく服を選ぶ時でも。「とにかく素早く判断する」という癖(習慣)を身につけていきましょう。

成功している人は何事に対しても、早い決断力を持っているのです。

機を逃さず、即決して次の行動に出てしまう方が、時間も味方になってくれます。

以前計画を立てた時に書いた紙やノートを確認しながら、さっそく小さな目標からクリアしていくところから始めていきましょう!

失敗の最大の原因は決断力の欠如にある。決断は素早くし、変更が必要になるときまで一度下した決定は変えないことだ。優柔不断は誰もが克服しなければならない大敵である。
力強い人とは、自分の力を信じている人である。

【引用:思考現実化する〈上〉 – ナポレオン・ヒル】

稼ぐニートは正義なのだ。

広告